*

「 投資信託で勝つ! 」 一覧

外国株式投信なら海外上場ETF?

海外ETFのNISAへの適用は金融機関によって異なる!「NISAを使って少しでもリターンの多い外国株の投信を」と考える人もいるでしょう。できるだけコストを抑えて、ハイリターンを求める場合は、「海外ET

続きを見る

毎月分配型の投資信託はNISAだと複利効果が少ない!?

毎月分配型の特別分配金はもともと非課税!!毎月お小遣いのような感覚で分配金が受け取れる、「毎月分配型投資信託」を利用している人も少なくないでしょう。何といっても毎月分配型で長期での運用は複利効果も高い

続きを見る

繰上償還条件付きはNISAには向かない!?

繰上償還条件付き投資は短期向きの運用「繰上償還条件付き投信」とは、投資信託の基準価格が一定水準に達した場合など、決定していた信託期間が終了する前に運用が終わる商品です。この商品の償還期間は5年以内が半

続きを見る

投資信託より株主優待のほうがよさそう?

株主優待はNISAの恩恵が受けられない!株主優待はもともと非課税なので、雑所得扱いになり、NISAのメリットは得られません。最近は株主優待の中身が魅力になっていて、お土産を選ぶような感覚で銘柄を決める

続きを見る

NISAでの運用期間終了時に基準価格が下がったら?

価格の下がったものは「ロールオーバー」で翌年のNISAで再度運用!!NISAは運用期間が5年と決まっています。運用が終了する時点で、投資信託の基準価格が下落していたらどうでしょう?「NISAを使った意

続きを見る

NISAの弱点を踏まえ、投資信託で賢く運用!

NISA最大の弱点とは?株式譲渡収益には20%課税される現在、「完全非課税」という大きなメリットがあり、人気のNISA口座。しかしメリットばかりではなく、デメリットもあります。NISAの大きなデメリッ

続きを見る

2016年スタート「ジュニアNISA」にこそ投資信託がオススメ

注目の「ジュニアNISA」がいよいよスタート!2015年の3月に法整備が整い、2016年4月より「ジュニアNISA」がいよいよスタートします。すでに金融機関ではジュニアNISAの口座開設予約の受付を開

続きを見る

2016年からNISAの非課税枠が拡大!さらに便利に

2016年からNISA新制度がスタート!2014年から始まったNISA。年間100万円までの株式投資・投資信託などの収益が非課税になる制度です。2015年10月末時点でのNISA口座開設数累計は500

続きを見る

NISAで投信を購入している人が多い!?キホンをもう一度おさらい

NISAとは、年間100万円までの「少額投資非課税制度」NISAは、年間100万円までの投資の収益が非課税になる少額投資の優遇制度として2014年から導入されました。通常投資の収益は20%の譲渡所得税

続きを見る

「NISA×投資信託」が初めての投資に最適な理由

投資の初心者もベテランも、それぞれに活用したい「NISA」2014年からスタートし、人気も定着してきた「NISA」。毎年100万円までの投資についてはその収益が非課税となります。他の先進国に比べ日本で

続きを見る

モバイルTV運営事務局

PAGE TOP ↑