*

主要各国と日本の財政・金融指標

公開日: : 世界における日本経済の現状

主要各国と日本の財政・金融指標

日本はギリシャの債務超過を笑えない!!

「財政収支」は国や地方自治体、社会保障基金などの歳入から歳出を差し引いた額。これも世界経済に影響を与える要因です。なかでも金利や為替相場などの金融指標は、財政収支や世界情勢に左右されやすいもの。これらは市場の動向を予測するうえで重要な材料となります。
2014年の財政収支を見ると、日本は174位と先進国では最下位! 日本の財政赤字は2015年度末に807兆円を上回る予測が出ており、もはやギリシャ問題を笑える状態ではありません。また、円安で利益の恩恵を受けた大企業も給与として社員に分配する以前に、貯め込んでいると海外のエコノミストからも指摘が。財政収支が悪くても、それ以上に成長率がよければ問題になりませんが、今の日本はGDPも足踏み状態。
一方、海外の主要国の財政はというと、先進国はアメリカをはじめ、イギリス、フランスと決してよいとはいい難い。ヨーロッパではドイツが比較的よく、その他の地域では、債務が小さいオーストラリア、中国が注目されています。豪ドルが強いのも、先進国の中で財政が健全で、国債はAAAの評価を得ていることが関係しています。
世界の財政収支(対GDP比)ランキング 世界経済のネタ帳

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

各国と日本の為替・株相場

各国と日本の為替・株相場

各国と日本の為替・株相場為替はアメリカの通貨政策の影響を受けやすい!2種類の異なる通貨を交換する時の・・・

記事を読む

景気回復とインフレ率

景気回復とインフレ率

景気回復とインフレ率日本は経済回復に向かっているのか?安倍内閣はアベノミクスの第一の矢として、インフ・・・

記事を読む

外国と日本の消費税の比較

外国と日本の消費税の比較

外国と日本の消費税の比較日本は外国と比べて消費税が低い!?我が国の消費税は、2014年4月に17年ぶ・・・

記事を読む

主要各国と日本の財政・金融指標

海外と比較した日本の家計支出

海外と比較した日本の家計支出日本の家計支出の割合は他の先進国と同じでも資産運用に大差!?日本の家庭支・・・

記事を読む

金融政策

各国と日本のGDPと経済見通し

各国と日本のGDPと経済見通し日本のGDPも将来的に楽観できる状態ではない!!「GDP」国内総生産は・・・

記事を読む

経済見通し

金融政策の現状

金融政策の現状異次元の金融緩和で経済格差は開く一方!アベノミクスの目玉ともいえる金融政策は「異次元の・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑