*

マネースクウェアジャパンの評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

公開日: : 最終更新日:2015/10/07 FXで勝つ!

特徴と歴史

【歴史】 2002年に創業、その後いちはやく上場

株式会社マネースクウェア・ジャパンは、2002年に東京品川区で設立されました。同年に電話による個人投資家向けFX取引を開始、翌年、インターネット上でのFX取引『iFX Style』というサービスを開始しました。2005年には「金融先物取引業者」登録、同業協会に加入。その2年後の2007年には早くも大阪証券取引所の「ヘラクレス」(現在のJASDAQ)に上場しました。その後着実に成長し、2014年には同社が「マネースクウェアHD」と名称変更し、子会社として新たに「株式会社マネースクウェアジャパン」を設立してFX業務を移行しました。

【組織】 現在は、上場企業グループの一員

株式会社マネースクウェアHDのグループ企業として、現在はFX取引の株式会社マネースクウェア・ジャパン、投資コンサルティングの株式会社M2・インベストメント・アドバイザリー、カナダの投資コンサルティング会社MONEY SQUARE INTERNATIONAL, INC.があります。

【実績】 65か月連続で預り資産が増加している唯一の会社

地道な経営のマネースクウェアジャパンとはいえ、2008年のリーマンショックではさすがに残高を減らしてしまいましたが、その後、2010年の10月以来、65か月連続で預り資産を増加させ、2015年5月末の残高は約625億円となっています。

この他、投資教育を評価する「ベスト・エデュケーショナルブローカー」受賞、アジア地域の優れた企業を選定する「Asia’s 200 Best Under A Billion」受賞などの実績があります。

【特徴】 「トラリピ」などの独自システムを早くから提供

マネースクウェアジャパンでは、早くから自動売買のシステム開発に着手、2006年には「トラップトレード®」、2007年に「トラップリピートイフダン®」、2009年には「トラップトレード®」という取引システムを開発、いずれも特許を取得しました。こうして「個人向けの投資教育」と「自動売買システム」が同社サービスの二本柱になりました。

【最新情報】 「トラリピ」を追随する類似サービスを提訴

「トラリピ®」など、特許を取得している同社ツールが実績を上げてきたため、2013年以降、他社も類似するサービスを提供するようになってきました。このため、2015年2月、マネースクウェアジャパンはそのうちの一社「外為オンライン」の「サイクル注文」および「iサイクル注文」の差止を求める訴えを起こしました。同社公式サイトのお知らせ「M2HDの特許権に基づく差止請求訴訟の提起について」で確認できます。また、「なぜトラリピは模倣されるのか」という記事では同社が訴えを起こした背景を紹介しています。

主なサービス

■基本情報
スプレッドの例 米ドル/円4銭、ユーロ/円5銭など(2015年7月)
売買手数料 1万通貨単位は300円、1000通貨単位は10円より
通貨ペア 12種類
最少取引通貨単位 1000通貨

■注文機能
トラリピ®(トラップリピートイフダン®)
リピートイフダン®
ダブルリピートイフダン®
らくらくトラリピ®(らくトラ®)
トラップトレード®
成行OCO
トレールストップ
決済トレール(国内・国際特許出願中) など

マネースクウェア・ジャパン(M2J)といえば、「トラリピ®」

マネースクウェア・ジャパンはFX会社人気ランキングにはあまり登場しませんが、明確なビジョンのもと、独自路線を走っている会社です。提供している取引サービスの代表格が特許を取得している自動売買システム「トラリピ®」です。相場が値動きしているときに小刻みに売買を繰り返す注文を設定するので、「果報を寝て待つFX」というキャッチコピーがついています。もちろん、このシステムは利益を保証しているわけではありません。しかしトラリピを模倣するシステムが増えているところを見ると、実績があると思われます。

懇切丁寧でよくわかる「セミナー」「動画」

マネースクウェア・ジャパンでは自動売買システムというツールの提供だけではなく、その「使い方」の伝授、つまり投資教育にも力を入れています。オンラインセミナーだけでなく、全国各地の会場に足を運ぶセミナーを開催していて、口座を開設していない人も受講できます。このほか、サイトで視聴できる動画や投資教育プラン「M2JFXアカデミア」など、個人投資家教育の充実度は群を抜いています。

手数料が高いことが敬遠材料

マネースクウェア・ジャパンは初心者からの個人投資をサポートするサービスが整っている分、手数料が他社に比べて割高で、取引を繰り返すときにはかなりの負担となります。ある程度取引を覚えると、手数料の安い他社にのりかえるユーザーも出るため、最近、手数料を抑える「せま割20」「せま割5」などのしくみができました。

取引額に応じて「M2Jポイント」などの特典が

口座での取引額に応じて「M2Jポイント」が貯まります。また、2015年6月にリリースした新ツール「トラリピプラス」は、取引の継続で特典がもらえたり、トラリピ注文のランキングを見てそれを真似て発注したりと、投資を楽しむ機能が続々と追加されています。

資産運用のポータルサイト「Harmoney.jp」

マネースクウェア・ジャパンはFXだけでなく広く資産運用の情報を発信するポータルサイト「Harmoney.jp」を運営しています。FX取引をしない人にも役立つ、お金にかかわる最新のコンテンツがわかりやすい語り口調で展開されています。

マネースクウェアジャパンの公式サイトで見つけた面白コンテンツはこちら。
トラリピくん
かなり脱力系の4コマ漫画です。FX取引の真剣勝負で疲れたときにおススメです。

対象者・向いてる人

長期でFX取引を考えたい人

マネースクウェア・ジャパンは、今のトレンドに逆行して「手数料が高い」「スプレッドが高い」という、FX会社の中でも異色の存在です。そうして得た収益で同社は自動売買システム「トラリピ®」のバージョンアップや顧客教育を行っています。高コストでも根強い固定客がいるということは、トラリピ®などのサービスの満足度が高いことの表れといえます。ただし、早々に撤退していく人が多いのも確か。結果を急がず、長期的な視野でFX取引を考える人に向いています。

「トラリピ®」を試してみたい!という人

訴訟になったりして何かと話題の「トラリピ®」。どんなものか試したいという人は多いです。最近はトラリピ®に似た自動売買を繰り返すシストレが多数リリースされていますが、やはりオリジナルはこちら。他社との比較のためにも一度体験しておくべきでしょう。

リアルのセミナーに行ける人

トラリピ®を使うなら、マネースクウェア・ジャパンが全国で開催しているリアルのセミナーに行って学びましょう。無料で教えてくれるのですから、行かない手はありません。行けない人はその分、Webセミナーで自主的に学ぶ意欲が大事です。電話サポートも積極利用しましょう。

100万円以上で始めたい人

トラリピ®は「レバレッジを低く設定」「レンジを広げて」などのいくつかの安全策があります。それを実践するにはまとまった資金を預けておく必要があります。より安定的な運用をしたいなら、資金として100万円以上あると理想的です。「手持ちの100万円、資産運用のつもりでトラリピ®資金にする」という使い方をする人が多いです。また、口座に200万円以上の残高で、同社の「コンサルティングサービス」を受けることができます。こうなるとFX口座というよりさらに資産運用に近いといえるでしょう。

他社のFX取引で失敗した人

「流行にのってFXデビューしてみたけれど資金を失って早々に撤退・・・」という苦い経験のある人は、もっと違うスタイル、新たな視点でFX取引をやってみるとうまくいくかもしれません。全く違うタイプのFX投資として「トラリピ®」でやり直すという方法もありです。逆にいうと、すでに自分なりのスタイルでFX投資に成功している人は、手数料の高いこちらを敢えて選ぶ必要はないといえるでしょう。

評判と口コミ

マネースクウェア・ジャパンの口コミ一覧

2015年の最新口コミをご紹介します。

トラリピは普通のFXと別に考えた方がいいと思う。違う投資なんだと。

2015/1/18

手数料が高すぎて何もできない。

2015/1/26

「富裕層のためのFX会社」といわれている意味がやってみてよくわかりました。自分には向いていないようです。

2015/2/8

手数料が高くてスプレッドも広くて自分で取引はできない。トラリピ使う人だけの会社

2015/2/21

この会社では7割の人が儲けたと公表しているけれど、私は3割のほうでした。でも、他の会社のシストレではプラスになった。

2015/3/3

私はトラリピのファンです。ひとつ不満なことは電話サポート。22時までというのはあまり意味がない。24時間にしてほしい。

2015/3/9

初心者でパソコンの使い方も今一つな私にとっては、生できけるセミナーがよかった。この会社としばらく付き合っていこうと思います。

2015/4/12

トレンド相場でやられました。この会社の顧客満足度高いというけれど、満足している人はもとからお金持ちだと思います。

2015/5/5

トラリピをしながらスワップを狙うのはありだと思う。

2015/5/12

「レバレッジを低く、できればかけないで」っていうことは、結局外貨預金と同じですね。そう思えばいいんじゃないでしょうか。

2015/5/16

ずっととんとんだったけど、最近少し増え始めたようです。スキルが上がった!?このままいきたいです。これから始める人にいいたいですが、いうほど簡単に儲かりませんよ。

2015/6/3

マネースクウェア・ジャパンの評判を総括!

マネースクウェア・ジャパンは「好き」「嫌い」がはっきり分かれる会社です。トラリピで利益を上げている人は高評価、損失を出した人は手数料の高さゆえに、他社で損をしたときよりもダメージが大きくなるので、「もう使わない」というコメントも散見されます。マネースクウェア・ジャパンと「トラリピ®」が自分にとっていいか、悪いかは口コミや外部の評価から判断するのは難しそうで、やってみるしかないようです。

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

FXならヤフーグループのYJFX!

YJFXの評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次YJFXの特徴と歴史YJFXの主なサービスYJFXの対象者・向いてる人YJFXの評判・・・

記事を読む

no image

トレイダーズ証券の評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次トレイダーズ証券の特徴と歴史トレイダーズ証券の主なサービストレイダーズ証券の対象者・・・・

記事を読む

FXと自動売買ならインヴァスト証券

インヴァスト証券(トライオートFX)の評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次インヴァスト証券(トライオートFX)の特徴と歴史インヴァスト証券(トライオートFX)・・・

記事を読む

FX   外国為替証拠金取引   ヒロセ通商株式会社

ヒロセ通商(LION FX)の評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次ヒロセ通商(LION FX)の特徴と歴史ヒロセ通商(LION FX)の主なサービスヒ・・・

記事を読む

no image

OANDA Japanの評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次OANDA Japanの特徴と歴史OANDA Japanの主なサービスOANDA J・・・

記事を読む

no image

マネックス証券の評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次マネックス証券の特徴と歴史マネックス証券の主なサービスマネックス証券の対象者・向いて・・・

記事を読む

FX   バイナリーオプション   CFD   IG証券

IG証券(旧FXOnline)の評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次IG証券(旧FXOnline)の特徴と歴史IG証券(旧FXOnline)の主なサービ・・・

記事を読む

no image

JFX(MATRIX TRADER)の評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次JFX(MATRIX TRADER)の特徴と歴史JFX(MATRIX TRADER)・・・

記事を読む

FX|オンライン外国為替取引|外為どっとコム

外為どっとコムの評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次外為どっとコムの特徴と歴史外為どっとコムの主なサービス外為どっとコムの対象者・向いて・・・

記事を読む

FXなら安心と信頼のFX セントラル短資FX

セントラル短資FX(セントラルミラートレーダー)の評判と口コミ・特徴・サービス・対象者など

このページの目次セントラル短資FX(セントラルミラートレーダー)の特徴と歴史セントラル短資FX(セン・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑