*

NISAとは?投信を購入している人が多い!?基本知識をもう一度おさらい

NISAとは年間100万円までの「少額投資非課税制度」

NISAは、年間100万円までの投資の収益が非課税になる少額投資の優遇制度として2014年から導入されました。通常投資の収益は20%の譲渡所得税がかかりますが、NISA口座ではこちらがゼロになります。

ただしあらかじめ準備したNISA口座での投資に限定されますから、優遇を受けたいなら「NISA口座」を開設することがまず必要となります。

NISA口座の特徴をおさらい

NISA口座は譲渡益と分売金が非課税になるほか、NISAだけの運用ルールがあります。改めてNISAのルールを確認しておきましょう。

1)2014年から始まった新制度
NISAは2014年1月1日よりスタートしました。口座開設時点で満20歳以上であれば、だれでも開設できます。ただし、一人一口座のみです。

2)投資対象は限定されている
NISAで投資できるのは、株式投資信託、J-REIT、ETF、上場株式の4種類です。

3)投資金額は1年100万円、最長5年間
投資できるのは1年間で総額100万円まで、期間は5年間となっています。

4)上限100万円は「年間投資総額」
NISA口座は年間の投資金額が上限100万円で、再投資はできないというルールになっています。ここには注意が必要です。よくある勘違いが「NISA口座は100万円」ということの意味を、「預け残高100万円」と間違えてしまうことです。

100万円の枠内で自由に投資してもよいというわけではないので注意しましょう。つまり、NISA口座で株式を100万円購入した後、株が値下がりして10万円になってしまったとしても、1年間そのNISA口座で他の投資商品を買い増すことはできないのです。

5)他の口座との損益通算ができない
4)の例のようにNISA口座で損失が出たとき、他の一般口座で投資した株式は値上がりして利益が出ていたとします。しかし、NISA口座での損失と一般口座の収益を通算することができません。

4)、5)のようなNISA口座だけの特徴を考慮すると、NISAでは「低リスク」「長期保有目的」の投資が適しているといえます。詳細については、投資信託協会のNISA解説ページがわかりやすいでしょう。

投資の初心者もベテランも、それぞれに活用したい「NISA」

2014年からスタートし、人気も定着してきた「NISA」。毎年100万円までの投資についてはその収益が非課税となります。他の先進国に比べ日本では大きく遅れている、「個人の資産運用」を促進するための政策として導入されました。

100万円までという少額のNISAの投資枠は、若い世代が初めての資産運用を始めやすいようにすることを意識しています。と同時に、すでに投資経験を積んだ中上級者にとっても、「非課税枠」を活用することができ、メリットが大きい制度です。

NISAの特徴に見合った投資方法は?

通常、株などの投資収益には20%の分離課税が課せられますが、NISAではこれがゼロとなります。このはっきりしたメリットがある限り、個人で50万円を投資する人も5000万円投資する人も、それぞれにNISAを活用することができます。

ただし、NISAにはデメリットもあり、それを考慮すると、NISAに向いている投資先がおのずと決まってきます。その最大のデメリットは、「再投資できない」ということです。

たとえばNISA口座で60万円の株投資をして、100万円で売却できたときには50万円の利益が得られます。この50万円は非課税ですが、1年の間に同じNISA口座で別の株を購入することはできません。

NISA口座では初期投資の金額で100万円、つまり60万円すでに投資しているから、あと40万円のみ、NISA口座で別の投資商品を購入できます。

つまり、NISA口座は短期売買に向かないのです。

このことから、NISAには中長期的な投資が向いていることになります。つまり「投資信託」が最適ということになります。

このほか、同じ理由から「REIT」「長期保有目的の大企業株」などもNISA向きといえるでしょう。

初心者・中級者がNISA口座で投資するなら「積立投資信託」がおすすめ

資産運用の上級者なら、「必ず上がる株を見極めてNISA枠で購入する」といった活用方法がありますが、初心者・中級者には、「NISAで投資信託」がおすすめです。

しかも、毎月決まった金額を買い増していく「積立型」なら、よりリスクを軽減できます。積立型投資信託は、NISA口座と非常に親和性が高い投資方法といえます。

もう一つ重要なことは、「投資先を決めてからNISA口座を開設する」こと!

「NISAで投資信託を購入する」と決めたら、投資したい投資信託の銘柄を検討・絞り込みをして、自分の希望する投資先を提供している会社にNISA口座を開設しましょう。2015年からの制度では一度開設したNISA口座を保持したまま翌年は別の会社にMISA口座を開設することも可能ですが、ただでさえ年間100万円の枠を分散してしまったら、投資の自由度が狭められてしまいます。できるだけ最長の5年間、最大の500万円(ただし2016年から120万円/年に拡大)を運用できる、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

2016年からNISAの非課税枠が拡大!さらに便利に

2014年から始まったNISA。年間100万円までの株式投資・投資信託などの収益が非課税になる制度です。

2015年10月末時点でのNISA口座開設数累計は500万口座に迫る勢いで、2013年から続いているアベノミクス相場の活況に、少なからず貢献した政策といえるでしょう。

この好調さを維持しようとの方針で、2016年からはNISAの非課税限度枠が現行の年間100万円から120万円に拡大されます。

非課税枠拡大で中長期投資に最適な環境が整う

年間120万円といえば、個人投資家の立場で考えれば「ひと月10万円」と大変わかりやすくなり、投資計画を立てやすくなります。NISA口座は年間投資額が120万円まで、最長5年の保有ですから、リスクの低い投資商品を中長期で保有するのに向いています。

「デイトレードなど短期投資は一般口座で、中長期投資はまずNISAで」という位置づけを明確にすることができそうです。

実はまだまだ認知度が低いNISA。2016年は飛躍なるか?

日本証券業協会の2015年11月調査によると、金融商品保有率では依然として預貯金が90%以上を占めています。

そして、「NISAの認知度」の項目では、聞いたことがある人まで含めると約半分、しかし現状で口座開設意向を持たない人が3分の1を上回り、その内訳としてまだまだ20代から30代の若年層が投資に興味を持っていません。

これらの人を少しずつでも個人投資家のグループに招き入れることができれば、NISAの試みはさらに経済への好循環を期待できます。

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

no image

投資信託より株主優待のほうがよさそう?

株主優待はNISAの恩恵が受けられない!株主優待はもともと非課税なので、雑所得扱いになり、NISAの・・・

記事を読む

投資信託のしくみと基礎知識

このページの目次投資信託とは?投資信託の仕組み投資信託の種類と基礎知識投資信託とは?投資信託の魅力を・・・

記事を読む

投資信託金融業者の比較【SBI証券・カブドットコム証券・セゾン投信・マネックス証券・・・etc】

このページの目次SBI証券カブドットコム証券セゾン投信マネックス証券楽天証券新生銀行ジャパンネット銀・・・

記事を読む

no image

NISAのデメリット(弱点)を踏まえ、投資信託で賢く運用!

NISA最大の弱点とは? 株式譲渡収益には20%課税される現在、「完全非課税」という大きなメリ・・・

記事を読む

資産運用中の注意点(ポートフォリオ/分配金/手数料/損切り)

このページの目次ポートフォリオの管理分配金があっても元本が目減り投資信託の本数の増加手数料が高すぎる・・・

記事を読む

投資信託の運用方法

このページの目次投資の基本を理解せよ投資の資産を分散せよ短気は損気!?長期保有せよ時間も分散せよ(ド・・・

記事を読む

投資信託のメリット・デメリット【リターンとリスクは紙一重】

メリット① 資産運用のプロがファンドを運用してくれる安心感とは? 経済に詳しい人でも、為替、株・・・

記事を読む

no image

2016年スタート「ジュニアNISA」にこそ投資信託がオススメ

注目の「ジュニアNISA」がいよいよスタート!2015年の3月に法整備が整い、2016年4月より「ジ・・・

記事を読む

no image

外国株式投信なら海外上場ETF?

海外ETFのNISAへの適用は金融機関によって異なる!「NISAを使って少しでもリターンの多い外国株・・・

記事を読む

モバイルTV運営事務局

PAGE TOP ↑