*

投資信託のメリット 小額で購入可能

公開日: : 投資信託で勝つ!

多額の資金がなくても投資信託はできる!! 自動引落であれば強制的にお金も貯まる!

「投資信託」の最大の魅力は、「少額から投資が始められる」ことにあります。投資ビギナーが値下がりした時のリスクや値上がりした時のメリットを経験することを想定しても、少額であればこそです。思ったように運用成績が上がらないこともありますが、相場が下がればその分、安い価格で多くの口数を購入できるチャンス。少額投資の場合、たいてい1万円~が多いですが、ネット証券になると500円~投資可能なワンコイン積立も登場しています。
「少額の投資はリスクも小さいけど、リターンも少ない」と思うでしょう。まさにその通りなんですが、少しずつ積み立てていくことが資産形成の基本。積立投信は自動引落にすれば入金をし忘れる心配もなく、ズボラな人でもお金を貯める習慣もつきます。
ただし、ワンコイン積立で毎月500円の積立をするなど、かなり少額な投資は長期の運用でないとおすすめできません。短期だと利率よりも手数料の割合が高くなります。投資期間とのバランスを考えて投資額を決めましょう。投資信託を始めたら、自分の大事な資産がどのように運用されているか、しっかりチェックしていくことです。
ワンコイン積立の補足│ 気になることにお答えします おすすめネット証券会社

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

デメリット

投資信託のデメリット 価格変動リスク

国の経済、政治、社会情勢、企業の業績などによって投資信託の価格は変動する!「投資信託」は値動きのある・・・

記事を読む

デメリット

投資信託のデメリット 金利変動リスク

償還期間が長い投資信託ほど金利変動が大きい!?金利が上がれば債権の基準値が下がり、金利が下げれば債権・・・

記事を読む

投資信託のしくみと基礎知識

投資信託のしくみと基礎知識

このページの目次投資信託とは?投資信託の仕組み投資信託の種類と基礎知識投資信託とは?投資信託の魅力を・・・

記事を読む

09

資産運用中の注意点(ポートフォリオ/分配金/手数料/損切り)

このページの目次ポートフォリオの管理分配金があっても元本が目減り投資信託の本数の増加手数料が高すぎる・・・

記事を読む

投資信託の運用方法

投資信託の運用方法

このページの目次投資の基本を理解せよ投資の資産を分散せよ短気は損気!?長期保有せよ時間も分散せよ(ド・・・

記事を読む

メリット

投資信託のメリット 専門家によって運用される

資産運用のプロがファンドを運用してくれる安心感とは?経済に詳しい人でも、為替、株式市場の変動を見なが・・・

記事を読む

メリット

投資信託のメリット 安全性は法律で守られている

投資信託の販売会社、運用会社、信託銀行が破たんした場合、投資家の信託財産は保全される!「投資信託」に・・・

記事を読む

pp

投資信託金融業者の比較【SBI証券・カブドットコム証券・セゾン投信・マネックス証券・・・etc】

このページの目次SBI証券カブドットコム証券セゾン投信マネックス証券楽天証券新生銀行ジャパンネット銀・・・

記事を読む

メリットデメリット

投資信託のメリット・デメリット リターンとリスクは紙一重

ローリスク・ローリターンとハイリスク・ハイリターンの法則とは?投資信託に関わった販売会社や運用会社、・・・

記事を読む

デメリット

投資信託のデメリット 信用(デフォルト)リスク

債権、株式の発行元の財務状況がリスクの度合いに比例する!?「信用リスク」は債権や株式を発行したり、借・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑