*

投資信託のメリット 専門家によって運用される

公開日: : 投資信託で勝つ!

資産運用のプロがファンドを運用してくれる安心感とは?

経済に詳しい人でも、為替、株式市場の変動を見ながらファンドを運用するとなれば、相当数のデータを集め、分析をしなければなりません。運用にあたり高度なスキルと多くの時間が必要になるということです。こうした点でも、投資信託は理にかなった商品といえるでしょう。投資の専門家である「ファンドマネージャー」が多くの投資家から集めたお金をひとまとめにし、債権や株式、不動産などに投資先を分配し運用してくれます。
ファンドマネージャーは信託銀行、証券会社系か独立系の投資顧問会社、もしくは保険会社に勤務しています。特別な資格は必要ありませんが、多くの専門知識がないと運用は難しいため、初めは「アナリスト」として調査部門などで分析の仕事からスタートし、ファンドマネージャーに昇格していく方法が一般的。
しかし、高度な知識や技術を身に付けたファンドマネージャが安全に運用するといっても、投資信託ですから元本保証がある商品ではありません。株式や債権など値動きのある商品に投資しているためリスクを生じる可能性もあり、リスクの度合いはファンドの種類によって異なります。
いいかえれば、「投資信託」にはプロが運用してくれる安心感はあっても、自分で投資しているファンドがどのように運用されているかチェックしていく姿勢が大事です。投資信託のセミナーを開いている金融機関もあるので、どういう人が運用しているのか申し込む前に話を聞きに行くとよいでしょう。
投資信託の特徴 日本証券業協会

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

デメリット

投資信託のデメリット 金利変動リスク

償還期間が長い投資信託ほど金利変動が大きい!?金利が上がれば債権の基準値が下がり、金利が下げれば債権・・・

記事を読む

no image

繰上償還条件付きはNISAには向かない!?

繰上償還条件付き投資は短期向きの運用「繰上償還条件付き投信」とは、投資信託の基準価格が一定水準に達し・・・

記事を読む

no image

2016年スタート「ジュニアNISA」にこそ投資信託がオススメ

注目の「ジュニアNISA」がいよいよスタート!2015年の3月に法整備が整い、2016年4月より「ジ・・・

記事を読む

no image

2016年からNISAの非課税枠が拡大!さらに便利に

2016年からNISA新制度がスタート!2014年から始まったNISA。年間100万円までの株式投資・・・

記事を読む

no image

NISAの弱点を踏まえ、投資信託で賢く運用!

NISA最大の弱点とは?株式譲渡収益には20%課税される現在、「完全非課税」という大きなメリットがあ・・・

記事を読む

no image

NISAで投信を購入している人が多い!?キホンをもう一度おさらい

NISAとは、年間100万円までの「少額投資非課税制度」NISAは、年間100万円までの投資の収益が・・・

記事を読む

メリット

投資信託のメリット 小額で購入可能

多額の資金がなくても投資信託はできる!! 自動引落であれば強制的にお金も貯まる!「投資信託」の最大の・・・

記事を読む

no image

「NISA×投資信託」が初めての投資に最適な理由

投資の初心者もベテランも、それぞれに活用したい「NISA」2014年からスタートし、人気も定着してき・・・

記事を読む

メリット

投資信託のメリット リスクを分散した形で投資が可能

投資先をひとつに絞るのはリスクが高い! 少額投資なら「バランス型」の商品を選ぼう!投資信託で「分散投・・・

記事を読む

no image

外国株式投信なら海外上場ETF?

海外ETFのNISAへの適用は金融機関によって異なる!「NISAを使って少しでもリターンの多い外国株・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑