*

投資信託のデメリット 価格変動リスク

公開日: : 投資信託で勝つ!

国の経済、政治、社会情勢、企業の業績などによって投資信託の価格は変動する!

「投資信託」は値動きのある有価証券に投資するため、大なり小なりリスクを伴います。元本を割り込んでも、元本保証はありません。投資信託の基準値に影響をもたらすリスク要因に、「価格変動」が挙げられます。投資信託に組み入れられている国内外の債券、株式は国の経済や政治、社会情勢、各企業の業績によって、基準価格が上がったり下がったりします。
つまり、投資信託はどんな銘柄が組み入れられているのか、それ自体がリスクに大きく影響するわけです。インフレであれば株式や不動産関係の銘柄が有利ですが、デフレ期は債権投資の方が無難といえます。

価格変動を予測するために知っておくべきことは?

価格変動によるリスクをあらかじめ予測するには、過去の運用実績から「標準偏差」をチェックすることです。標準偏差の値と価格変動は相関関係にあります。
一般的に「債権型」の価格変動はリスクが小さく、「株式型」の価格変動はリスクが大きいと推測されます。また、先進国に比べ新興国の方が変動リスクが高い傾向が見られます。海外の株式、債券は価格変動以外に為替リスクも生じるので、その分、リスクも高くなるので十分に注意しなくてはなりません。
投資信託であまりリスクを負いたくないというなら、値動きの安定している国内債券を選ぶなど、各商品の特徴を押さえたうえで、自分の投資目的に合ったスタイルで運用することが大事です。
投資信託の価格変動リスクを測る K-ZONE money

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

デメリット

投資信託のデメリット 信用(デフォルト)リスク

債権、株式の発行元の財務状況がリスクの度合いに比例する!?「信用リスク」は債権や株式を発行したり、借・・・

記事を読む

投資信託の運用方法

投資信託の運用方法

このページの目次投資の基本を理解せよ投資の資産を分散せよ短気は損気!?長期保有せよ時間も分散せよ(ド・・・

記事を読む

メリット

投資信託のメリット 安全性は法律で守られている

投資信託の販売会社、運用会社、信託銀行が破たんした場合、投資家の信託財産は保全される!「投資信託」に・・・

記事を読む

no image

繰上償還条件付きはNISAには向かない!?

繰上償還条件付き投資は短期向きの運用「繰上償還条件付き投信」とは、投資信託の基準価格が一定水準に達し・・・

記事を読む

no image

「NISA×投資信託」が初めての投資に最適な理由

投資の初心者もベテランも、それぞれに活用したい「NISA」2014年からスタートし、人気も定着してき・・・

記事を読む

no image

外国株式投信なら海外上場ETF?

海外ETFのNISAへの適用は金融機関によって異なる!「NISAを使って少しでもリターンの多い外国株・・・

記事を読む

メリットデメリット

投資信託のメリット・デメリット リターンとリスクは紙一重

ローリスク・ローリターンとハイリスク・ハイリターンの法則とは?投資信託に関わった販売会社や運用会社、・・・

記事を読む

no image

2016年スタート「ジュニアNISA」にこそ投資信託がオススメ

注目の「ジュニアNISA」がいよいよスタート!2015年の3月に法整備が整い、2016年4月より「ジ・・・

記事を読む

メリット

投資信託のメリット リスクを分散した形で投資が可能

投資先をひとつに絞るのはリスクが高い! 少額投資なら「バランス型」の商品を選ぼう!投資信託で「分散投・・・

記事を読む

デメリット

投資信託のデメリット 金利変動リスク

償還期間が長い投資信託ほど金利変動が大きい!?金利が上がれば債権の基準値が下がり、金利が下げれば債権・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑