*

投資信託のデメリット 金利変動リスク

公開日: : 投資信託で勝つ!

償還期間が長い投資信託ほど金利変動が大きい!?

金利が上がれば債権の基準値が下がり、金利が下げれば債権の基準値が上がるという性質があります。これが「金利変動リスク」につながるのです。金利の変動を引き起こす要因には償還期間、発行元の国などの経済情勢も絡んできます。たとえば、償還期間が長い商品ほど金利変動の影響を受けやすいといえます。また、一般的に日本、アメリカ、ドイツなどは金利は低め。先進国より新興国の方が金利変動のリスクは大きいことが多いです。
それでも高金利の通貨を組み入れた投資信託は何かと人気。特にブラジルやオーストラリアなどの新興国の国債は経済成長も著しいため、運用実績が100%以上の利回りであったことも。といっても、ハイリスク、ハイリターンの法則からいけば、ビギナーにはおすすめできません。新興国は経済や政治情勢も不安定なことが多く、一度戦争やテロが起きると、投資金額がゼロになる可能性もあります。
急落した時の損出は大ですから、高金利の通貨で運用する場合は、「ドルコスト平均法」で毎月、積み立て、長期で運用していくとよいでしょう。ドルコスト平均法は価格変動に関係なく、毎月一定金額の買付を長期的にするのでリスクの軽減につながります。長期で運用するのは、期間が長ければ長いほど株価が上昇傾向にあるからです。
金利変動リスク 一般社団法人投資信託協会

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

メリット

投資信託のメリット 専門家によって運用される

資産運用のプロがファンドを運用してくれる安心感とは?経済に詳しい人でも、為替、株式市場の変動を見なが・・・

記事を読む

デメリット

投資信託のデメリット 価格変動リスク

国の経済、政治、社会情勢、企業の業績などによって投資信託の価格は変動する!「投資信託」は値動きのある・・・

記事を読む

メリットデメリット

投資信託のメリット・デメリット リターンとリスクは紙一重

ローリスク・ローリターンとハイリスク・ハイリターンの法則とは?投資信託に関わった販売会社や運用会社、・・・

記事を読む

pp

投資信託金融業者の比較【SBI証券・カブドットコム証券・セゾン投信・マネックス証券・・・etc】

このページの目次SBI証券カブドットコム証券セゾン投信マネックス証券楽天証券新生銀行ジャパンネット銀・・・

記事を読む

no image

NISAでの運用期間終了時に基準価格が下がったら?

価格の下がったものは「ロールオーバー」で翌年のNISAで再度運用!!NISAは運用期間が5年と決まっ・・・

記事を読む

09

資産運用中の注意点(ポートフォリオ/分配金/手数料/損切り)

このページの目次ポートフォリオの管理分配金があっても元本が目減り投資信託の本数の増加手数料が高すぎる・・・

記事を読む

no image

毎月分配型の投資信託はNISAだと複利効果が少ない!?

毎月分配型の特別分配金はもともと非課税!!毎月お小遣いのような感覚で分配金が受け取れる、「毎月分配型・・・

記事を読む

no image

「NISA×投資信託」が初めての投資に最適な理由

投資の初心者もベテランも、それぞれに活用したい「NISA」2014年からスタートし、人気も定着してき・・・

記事を読む

デメリット

投資信託のデメリット 信用(デフォルト)リスク

債権、株式の発行元の財務状況がリスクの度合いに比例する!?「信用リスク」は債権や株式を発行したり、借・・・

記事を読む

メリット

投資信託のメリット 小額で購入可能

多額の資金がなくても投資信託はできる!! 自動引落であれば強制的にお金も貯まる!「投資信託」の最大の・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑