*

【株式取引の季節要因】動きが少ない6月

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 株で勝つ!

6月から安値が付き始めるは本当?

6月は株価にこれといった影響力を与える要因がなさそうに思えます。ところが5月の売りの後、ジワジワと株価は下落し始めることが多いようです。特に欧米では6月から7、8月とバカンスに入るため、市場の動きも今ひとつ活性化しない傾向が見られます。
この時期に多くの投資家は株を売ることもあって、投資家たちの買いが一巡した6月はなかなか株価は上がっていきません。2015年6月29日の日経平均は、今年最大の下げ幅、596円の円安で取引を終了しました。このような結果を招いた大きな原因が、ギリシャの債務不履行問題や中国の株暴落です。
日経平均は596円安で取引終了、下げ幅は今年最大 Yahoo!ニュース
とはいえ、銘柄の中には「クスリのアオキ」のような例もあります。「クスリのアオキ」は6月26日の決算で大幅増収にもかかわらず減益と発表したため、翌営業日である6月29日に株価は急騰しストップ高に。これなどはプロの投資家が「減益予想は消極的すぎる」と判断した表われです。新規買いのチャンスであったことはいうまでもありません。ですから、アノマリーより「ファンダメンタル分析」と「株価トレンド分析」の視点から株の売買のチャンスをとらえていくことが適切でしょう。
ファンダメンタル分析の精度を高めるのが理想ではあるが ザイスポ

関連記事

goldenweek009

【株式取引の季節要因】連休の攻略が勝負!の5月

下げの5月にどう対処すべきなのか?「5月に入ると株価が下落する」といったアノマリーには大きく2つの理・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】個人所得・個人支出による景気の循環

実質的な所得が上がらなければ個人支出も増えない!?景気動向を見るうえで、個人の所得と支出は切っても切・・・

記事を読む

売り買い

寄付(よりつき)・指値(さしね)・指成(さしなり)など、相場と買い・売り注文の仕方

株の売買に必要な基本を学ぼう!「株の売買」は売りたい人と買いたい人の注文が一致しなければ成立しません・・・

記事を読む

christmas038

【株式取引の季節要因】年末の株高に向けて動いていく12月

ようやく高値をつける時期を迎える12月!夏から秋を経て軟調だった株式市場も、ようやく長いトンネルを抜・・・

記事を読む

charting-software-comparison_lp2.0
08

【経済を動かすイベント・経済指標】日銀の政策金利や総裁の発言

日銀の政策金利で景気を後押し日本において米国のFRB、欧州のECBにあたるのが日本銀行。通商「日銀」・・・

記事を読む

株券

初心者におすすめな取引する株の選び方

株で儲けたいなら世の中の流れと企業の成長株を把握する!株取引で最初の関門となるのが、「どの株を購入す・・・

記事を読む

april-word002

【株式取引の季節要因】最も上がりやすい月?の4月

新規の投資マネーが市場に流れ出す影響力新年度がスタートする4月は株価の上昇も大きいといったアノマリー・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】消費者物価指数と景気の関係

消費者物価指数が上昇しても景気回復をしていない!?「消費者物価指数」は「CPI(Consumers ・・・

記事を読む

2word003

【株式取引の季節要因】売り圧力がある2月

「節分天井彼岸底」というけど実際は?「節分時期に相場は高値をつけ、お彼岸頃に底値をつける」といった傾・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑