*

【株式取引の季節要因】年末の株高に向けて動いていく12月

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 株で勝つ!

ようやく高値をつける時期を迎える12月!

夏から秋を経て軟調だった株式市場も、ようやく長いトンネルを抜け出すと思われるのが12月です。↓過去のデータを見ても高値を付けていることが多いことがわかります。
季節と株価。上がる月、下がる月? 初めての株式投資
もちろん底値を付ける可能性はゼロではありません。12月中に投資家の多くが含み損などの株式を売却する傾向も強まり、株安になる傾向も見られます。海外はクリスマス休暇もあるため、取引量が減り株価が下がっていくことも。ですから12月の株価が上昇に向かうのは、クリスマス前後からといったほうが適切かもしれません。例年、年末が近づくにつれ株価も上がっていくため、その前に仕込む人たちも増えてきます。
さて、2016年「申年」の1月の株価はどうなるのでしょう。短期相場観測によると「2016年、2017年の2年間は市場も賑わいを見せる」と予測されています。要はアベノミクスと異次元の金融緩和の集大成により好転が期待されてわけです。しかし、そう信じるだけの要因がどこまでそろうでしょう。今の日本経済を見る限り実感しにくいものがあると感じている人が多いのではないでしょうか。
「2016~2018年の相場展望?」【市況】【杉村富生の短期相場観測】Kabutan

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

08

【経済を動かすイベント・経済指標】日銀の政策金利や総裁の発言

日銀の政策金利で景気を後押し日本において米国のFRB、欧州のECBにあたるのが日本銀行。通商「日銀」・・・

記事を読む

2word003

【株式取引の季節要因】売り圧力がある2月

「節分天井彼岸底」というけど実際は?「節分時期に相場は高値をつけ、お彼岸頃に底値をつける」といった傾・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】消費者物価指数と景気の関係

消費者物価指数が上昇しても景気回復をしていない!?「消費者物価指数」は「CPI(Consumers ・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】個人所得・個人支出による景気の循環

実質的な所得が上がらなければ個人支出も増えない!?景気動向を見るうえで、個人の所得と支出は切っても切・・・

記事を読む

11word004

【株式取引の季節要因】12月相場への準備が入る11月

11月に決算を迎えるヘッジファンドを売る傾向!11月の株価が下がっていく要因のひとつは、11月に決算・・・

記事を読む

jugoya026

【株式取引の季節要因】悪いジンクスが集中している9月

8月の株価の急落を受けさらに厳しい9月!!8月は例年、株価の上昇より下落が多い月といわれていますが、・・・

記事を読む

tsuyu003

【株式取引の季節要因】動きが少ない6月

6月から安値が付き始めるは本当?6月は株価にこれといった影響力を与える要因がなさそうに思えます。とこ・・・

記事を読む

10word004

【株式取引の季節要因】10月4日(投資の日)は上がる!?10月

10月の株価も厳しい時期! 9月以上に下がる可能性もあり!夏枯れの相場を引きずったまま、10月に入っ・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】欧州中央銀行(ECB)の政策金利や総裁の発言

欧州の物価安定と経済支援を行う欧州中央銀行ECB(欧州中央銀行)の総裁の発言力もFRB(米連邦準備制・・・

記事を読む

tanabata005

【株式取引の季節要因】閑散相場といわれる7月

7月は株価も夏場で気味になりやすい!?日米の企業は6月から7月初旬にかけて、大手を中心とした企業の中・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑