*

【経済を動かすイベント・経済指標】消費者物価指数と景気の関係

公開日: : 最終更新日:2015/12/20 株で勝つ!

消費者物価指数が上昇しても景気回復をしていない!?

「消費者物価指数」は「CPI(Consumers Price Index)」と呼ばれ、消費者が購入する品物やサービスの価格を表すもので、毎月総務省から公表されます。物価の変動は消費者の購買力にも直結するため、投資家がもっとも気にする経済指標です。基本的に「消費者物価指数が上昇」→「インフレ率がアップ」→「景気回復」と判断します。景気がよくなれば株価も上がっていきますが、昨今は「景気回復なきインフレ」も起きています。
消費者物価指数(CPI) 株式初心者のための株式投資と相場分析方法
しかも、2015年の8月まで2万円台で推移していた日経平均が9月になって下落し始めました。異次元の金融緩和によって、株価だけが上昇してしまったのです。今後、法人税の引き下げにより設備投資や消費拡大も見込まれていますが、それもどこまで効力を発揮できることやら。アベノミクスが掲げる「デフレ脱却」は絵に描いた餅に終わる可能性も高くなってきました。賃金アップを図っても昇給率が物価の上昇に付いていないため、結局のところ平均的な国民の生活は苦しくなっており、購買力が下がっています。それゆえ株価もこの先どうなるのか不透明な部分が強くなってきています。
異次元の金融緩和の化けの皮を剥ぐ「日経・東大日次物価指数」

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

christmas038

【株式取引の季節要因】年末の株高に向けて動いていく12月

ようやく高値をつける時期を迎える12月!夏から秋を経て軟調だった株式市場も、ようやく長いトンネルを抜・・・

記事を読む

口座

資金?口座?初心者がまず株を始めるために必要なものとは

初心者でも手軽に始められる株取引!! 「株」は企業が発行する株券のことで、資金調達の一部。株を購入す・・・

記事を読む

charting-software-comparison_lp2.0
1word012

【株式取引の季節要因】手じまい売りから新規ポジションの1月

手じまい売りは株価の下落要因になることもある!?「手じまい売り」とは株や為替の取引などで、自分が保有・・・

記事を読む

hinamatsuri003

【株式取引の季節要因】本決算の山場を迎える3月

3月決算の高配当利回りを本当に狙えるか?3月決算の銘柄を3月26日までに購入すると、期末配当を受け取・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】欧州中央銀行(ECB)の政策金利や総裁の発言

欧州の物価安定と経済支援を行う欧州中央銀行ECB(欧州中央銀行)の総裁の発言力もFRB(米連邦準備制・・・

記事を読む

2word003

【株式取引の季節要因】売り圧力がある2月

「節分天井彼岸底」というけど実際は?「節分時期に相場は高値をつけ、お彼岸頃に底値をつける」といった傾・・・

記事を読む

01

株主優待や東京オリンピック、創薬系など、2016年上半期のおすすめ銘柄

このページの目次株主優待で選ぶ銘柄追加金融緩和で注目の銘柄東京オリンピック関連の銘柄今人気のiPho・・・

記事を読む

tanabata005

【株式取引の季節要因】閑散相場といわれる7月

7月は株価も夏場で気味になりやすい!?日米の企業は6月から7月初旬にかけて、大手を中心とした企業の中・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】個人所得・個人支出による景気の循環

実質的な所得が上がらなければ個人支出も増えない!?景気動向を見るうえで、個人の所得と支出は切っても切・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑