*

【経済を動かすイベント・経済指標】欧州中央銀行(ECB)の政策金利や総裁の発言

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 株で勝つ!

欧州の物価安定と経済支援を行う欧州中央銀行

ECB(欧州中央銀行)の総裁の発言力もFRB(米連邦準備制度理事会)議長、米財務長官に次いで為替相場に大きな影響力を持つものとされています。ECBはドイツのフランクフルトに本店を持ち、おもな役割は「ユーロ圏の物価安定」と「経済政策の支援」で、そのために外国為替市場に介入し金利政策などを行っています。
欧州中央銀行 Wikipedia
ECBの政策金利は毎月1回理事会で決定され、2015年に入ってからは量的緩和に注目が集まっています。ただし、同年12月3日、量的緩和期間することを発表。中国経済が減速気味であることや、パリで起きた同時多発テロなども金融緩和の引き金になったと見られます。この影響により、米欧の債権、為替にも打撃となり、ドル対ユーロで大幅安、ドイツ国債に対するスプレッドが縮小しました。利上げを決めた米国のFRBとはまったく違う、追加の金融緩和という金利政策を取ったECBによって、近い将来、金融市場が混乱を招きかねないといった推測もされています。
あおった期待、超えられず=「ドラギ流」に危うさ-欧州中銀〔深層探訪〕 YAHOO!ニュース

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

tsuyu003

【株式取引の季節要因】動きが少ない6月

6月から安値が付き始めるは本当?6月は株価にこれといった影響力を与える要因がなさそうに思えます。とこ・・・

記事を読む

1word012

【株式取引の季節要因】手じまい売りから新規ポジションの1月

手じまい売りは株価の下落要因になることもある!?「手じまい売り」とは株や為替の取引などで、自分が保有・・・

記事を読む

tanabata005

【株式取引の季節要因】閑散相場といわれる7月

7月は株価も夏場で気味になりやすい!?日米の企業は6月から7月初旬にかけて、大手を中心とした企業の中・・・

記事を読む

christmas038

【株式取引の季節要因】年末の株高に向けて動いていく12月

ようやく高値をつける時期を迎える12月!夏から秋を経て軟調だった株式市場も、ようやく長いトンネルを抜・・・

記事を読む

市場

前場・後場・ザラバなど、相場や市場の用語を覚えよう!

株の取引き用語に慣れよう!「株取引」では「取引時間」に応じて「前場(ぜんば)とか「後場(ごば)」とい・・・

記事を読む

2word003

【株式取引の季節要因】売り圧力がある2月

「節分天井彼岸底」というけど実際は?「節分時期に相場は高値をつけ、お彼岸頃に底値をつける」といった傾・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】消費者物価指数と景気の関係

消費者物価指数が上昇しても景気回復をしていない!?「消費者物価指数」は「CPI(Consumers ・・・

記事を読む

売り買い

寄付(よりつき)・指値(さしね)・指成(さしなり)など、相場と買い・売り注文の仕方

株の売買に必要な基本を学ぼう!「株の売買」は売りたい人と買いたい人の注文が一致しなければ成立しません・・・

記事を読む

org_img_1

業績(決算)発表やファンドの動き、合併・買収・提携・倒産など、株価が動くタイミングとイベント 

このページの目次業績(決算)発表と上方修正・下方修正配当金の変更(復配・増配・無配・減配)大きなファ・・・

記事を読む

08

【経済を動かすイベント・経済指標】日銀の政策金利や総裁の発言

日銀の政策金利で景気を後押し日本において米国のFRB、欧州のECBにあたるのが日本銀行。通商「日銀」・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑