*

業績(決算)発表やファンドの動き、合併・買収・提携・倒産など、株価が動くタイミングとイベント 

公開日: : 最終更新日:2016/07/28 株で勝つ!

業績(決算)発表と上方修正・下方修正

業績修正で株価にも大きな影響が出る!

企業が予測していた業績に対して修正を行うこと「業績修正」といいます。当初の予測より増収で修正する場合を「上方修正」。逆に減収で修正することを「下方修正」といいます。基本的に業績修正は年に4回行われる「四半期決算」で発表されます。業績修正が実施されると株価にも影響が出てきます。上方修正であれば期待感が高まり、株価は上昇傾向になり、下方修正になれば株価は下落傾向になりやすいのです。
業績修正(上方修正・下方修正) 株初心者のための株式投資講座
日本の企業は業績予想で景気が上向きであっても、保守的な数字を出すことが多いといわれています。最初に期待させておいて、失望させる結果を招くより、大した業績ではないと思わせておいて、予想よりよいといったサプライズの方が歓迎される風潮もあるでしょう。
また、昨今は世の中が全体的に先行き不透明なことも多く、なかでも鉄鋼、非鉄、自動車、電鉄会社、地方銀行などは、原料価格や為替変動などのリスクをふまえ、もともと控えめな数字を出しがちです。その結果、中間決算で上方修正になることが多いのです。
上方修正を行う企業は毎度おなじみの顔ぶれが目立ち、「大日本住友製薬」「神戸製鋼所」「大和工業」「いすゞ自動車」「豊田通商」などは8回以上も上方修正を行う常連といえるでしょう。
日本企業は保守的な業績予想を出しやすい 上方修正”常連企業”の共通点 ZUU online

配当金の変更(復配・増配・無配・減配)

無配と復配で企業の業績もわかる!

「配当」とは株主が受け取ることができる利益の分配です。配当が出る場合、「1株あたり○○円、株主に還元」ということになるので、株の数に比例して、配当金も増減します。
配当金の額は株式の仕組みに従って、株主総会で決められます。なかには、これまで配当を予定していた企業が業績不振により赤字であったり、内部留保などの理由で無配になることも。このように「配当」→「無配」への変更を「無配転落」といいます。
最近の例を挙げると、家電量販店の「コジマ」。2015年の8月期の決算が4.4億円の黒字予想が63.5億円の赤字と下方修正を行い、配当予定が業績悪化により「無配転落」になっています。無配転落は株価の下落の一要因になりやすいのです。
コジマ【7513】、前期最終を一転赤字に下方修正、配当も無配転落
 Kabutan

これとは反対に業績が向上し無配予定であった企業が配当を出すことに変更した場合を「復配」と呼びます。復配になれば企業の業績が回復してきたシグナルと見なされるため、株価も少しずつ上昇傾向になります。
他にも予定の配当金より金額を下げることを「減配」。逆に配当金の額を上げることを「増配」といいます。
配当 Wikipedia

大きなファンドの動きに注目

純資産の大きいファンドが株価にもさまざまな影響を与える?

「大きなファンド」というと、純資産総額が大きいこと。要は、それだけ人気が高いファンドであるため、多くの資金が集まっているともいえます。もちろん、ファンドが大きいからといって、よいファンドだけが集まっているとは限りませんが、売買コストが小さいファンドに比べて安かったり、資産の分散をしやすいなどのメリットが生まれます。株価の動きにも大きなファンドは影響を与える可能性が高いといえます。
純資産の大きいファンドが良いファンド? ストックウェザー
なかでも日経平均、TOPIX、JPX400といった株価指数と連動する「インデックスファンド」は株式市場の変動に深く関わっています。インデックスファンドは市場平均(ベンチマーク)と同じ動きをするような運用を目指したもの。こうしたファンドの動きを見ていくことが投資に役立ちます。
インデックスファンド 投資信託のはじめ方
ちなみにどんなファンドが規模的に大きいかというと、「国内株式インデックス型」や「海外REIT」に投資するタイプ。他にも純資産の大きいインデックスファンドの商品に関する情報が以下のサイトで紹介されているので目を通しておくとよいでしょう。
【鈴木雅光の投信Now】純資産総額の大きなファンドを見ていくと 日本インタビュ新聞社

外国投資家の売り時期と買い時期

海外の投資家のアノマリーは季節性と連動!?

今や日本の株の半数以上を買い占めているのは海外の投資家です。しかも、外国人投資家が日本の株を保有する比率は年々増加傾向にあります。一方、個人投資家の比率は下がっています。下記のサイトの「投資部門別株式保有比率の推移」をご覧ください。
日本株市場を牛耳る外国人投資家の投資戦略を盗め! ZAI ONLINE
では、海外投資家はどのような銘柄に関心を持っているのかというと、企業の収益、技術力、オリジナリティの高いビジネスモデルであるかどうかです。さらに増配や株主への還元についても、銘柄を選ぶポイントになっています。
また、海外投資家が株を売買する時期に関しては季節性との連動が見られます。財務省のロイターデータによると、下記の特徴がアノマリーとして挙げられます。
海外投資家のアノマリー
8月、9月・・・日本株を売り越し
10月・・・日本株を買い越し
日本株が前月に上がる→翌月買い
日本株が前月に下がる→翌月売る
海外投資家の日本株売りは10月も続く?前月を見れば先が読める? 2015/10/19 e warrant

企業の合併や買収、提携、倒産

企業の買収、倒産などによる株価の影響は?

企業の合併は合併比率に見合った割合で株価が調整される仕組みになっています。一方、買収、要はM&Aの場合は、「TOB」と呼ばれる「株式公開買い付け」によって行われます。例えばA社がB社を買収するなら、現在の株価よりも高い買値を公表し、B社の株式を買い集め、買値まで株価が上昇。発行した株式数の半数以上になった時、A社はB社を買収することが可能となります。
また、「倒産」した場合の株価ですが、「民事再生法」「会社更生法」「清算」など倒産の種類によって異なります。一般的に民事再生法の適用となった場合、整理ポストに株が入り、株は急落。1か月間は株の売買が可能ですが、すぐ紙くず同然になってしまうので、値段がつくうちに売った方がよいでしょう。それ以降は上場廃止になります。
上場廃止後、株を保有していた場合は、「残余財産分配権」が得られます。これは会社が解散、清算した際に残っている財産を出資比率に対して投資家が分配される権利です。ただ、こうしたケースの大半は、企業が債務超過に陥っていることも多く、株券を持っていてもほとんど価値がない状態です。
株式投資した会社が倒産したらどうなる? Money Magazine

不祥事、法律違反、刑事事件

企業の不祥事、刑事事件などの発生後は株価も急落!?

企業が不祥事や法律違反、刑事事件などを引き起こした場合、当然のごとく株価は下落します。2004年有価証券報告書の虚偽記載で裁判となった西武鉄道のように上場廃止になる場合もあります。ここでは過去に起きた「日揮のアルジェリア人質事件」「マクドナルドの鶏肉偽装事件」の事例を紹介しながら株価がどう変動したか見てみましょう。
1 2013年1月 「日揮」の社員10人がアルジェリアで人質に取られ殺された事件
             ↓
 株価は下落し続け2月18日に最安値を記録、事件から3か月後に元の株価に戻った

2 2014年7月22日 「マクドナルド」で消費期限切れの鶏肉を使用してチキンナゲットを販売
             ↓
 不祥事が発覚後、株価は下落し9月1日に底値を記録、事件から2か月後に元の株価に戻った
大手企業のスキャンダル・不祥事で安値買い 日曜2限の株式講座
「不祥事」を起こした企業の株は、株価の下落を懸念して売られ過ぎる傾向があります。こうした機会を利用し、企業の不祥事に急落した株を安く買い、リバウンドによる株価の上昇を見込んで投資する方法を「パニック株投資法」といいます。この場合は株価が下がり切って落ち着いた状態で買うのがよいでしょう。売る場合は株価の下落の半値程度あたりを目安にするのが妥当かもしれません。
実戦投資法を考える 株のはじめ方

2015年の動きと影響の大きかった経済指標等のまとめ

消費税増税後の影響が続き消費支出の落ち込みが大!?

株価の動きを判断し予測するうえで「経済指標」は重要です。「経済指標」とは物価、金利、景気、貿易収支といった国の経済状況を数値化したもの。世界経済を見る場合は、おおむねアメリカの経済指標の影響がポイントになります。2015年の経済はどうであったか、世界の出来事をマイナスとプラス要因に分けてピックアップしてみました。
世界経済にマイナスとなった出来事
1 ギリシャ危機の再燃
2 1月、11月にフランで起きたテロにより欧州の景気低迷
3 シリアの情勢悪化で多くの難民が欧州に流入
4 中国経済の悪化で株価急落
5 原油価格下落し株価も下落
世界経済にプラス要因となった出来事
1 米国の失業率が改善し、FRB(米連邦準備理事会)が利上げ決定
2 米国の景気回復が進みNY市場ダウ平均株価が史上最高値
一方、2015年における日本経済の各指標を見てみると、消費税の増税後の影響がいまだに尾を引いた状況が伺えます。
2015年も消費支出が減少し続け、企業の設備投資も伸びていません。
原油安によって貿易収支が改善したものの物価が下落しています。

経済ニュースの”ここがツボ” 2015年の世界経済、救ったのは”米国”–2016年はギリシャ、原油安など要注意 マイナビニュース

有識者の2016年株価展望&予想まとめ

2016年は参院選の前と後で株価にも大きな影響が!!

2016年は年明けから株価も下落続きですが、前半は「日銀の追加緩和」と「参院選前の景気対策」によって、株価上昇が見込まれるようです。ただ、世界経済に目を向けると、日本株にとってマイナス要素がいくつか出てきます。そのひとつが、「米国の利上げ」。この影響で株価の下落が起きる可能性も。そもそも米国の金融政策は日本株への影響が大きく、利上げをしても穏やかなペースであれば、米国経済が好調であるため大きな変動を及ぼす可能性は低そうです。
次にマイナス要素となるのは「中国経済の減速」。
後半に入ると参院後は物価上昇率が鈍り、2017年の消費税増税を懸念し景気が鈍化していくと予測されています。また、後半は11月に米国の大統領選挙も始まるので、候補者が国民の支持率を上げるために受け狙いの発言も増え、こうしたものも日本株の下落にもつながる可能性が出てきます。
2016年の日経平均株価の高値は2万2400円! 年明けに買って7月に売りが正解のワケとは? エキサイト・ニュース
さて、2016年株価の上昇が見込まれる銘柄は? まずは日本株にとってマイナス要因にならない銘柄に着目を。ここではレオス・キャピタル・ワークスの藤野社長が勧める以下の銘柄を参考にしてみましょう。
「デフレ関連銘柄」復活の可能性も 「2016年買っていい株、いけない株」の見分け方 マネーポスト

申年は騒ぐ年!?「十干・十二支」と株式相場のアノマリー

申年でも丙申は株価の成長が見込める一年!?

十二支のアノマリーから見た申年の株価予測も気になります。申年は「申酉騒ぐ」と言われ、株価の変動も激しくなるのでは?と言われています。過去5年の申年の株価を比較してみると、日本株は平均+10.4%です。
下げ止まり日本株、2016年は春までジリ高だ 相場格言では「未辛抱」から「申酉騒ぐ」へ 東洋経済ONLINE
また、樹木の成長サイクルを表す十干の10種類の文字 「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」で見ると1016年は「丙」にあたります。これは樹木の芽、葉が出てきて育っていく時期と見ることができるので、株価の成長が見込めそうです。
さらに、中国の陰陽五行思想「木・火・土・金・水」で分類すると、「丙」が「火」、「申」は「金」となり、互いの相性は今ひとつよくなさそうです。2016年は米国の大統領選挙などの影響や新興国の株式市場がやや持ち直してきていることをふまえると、何か特別によいとか悪いlことが起きるというより、「吉凶混合」の一年になるかもしれませんね。
干支で占う来年の相場 ファイナンシャルスタンダード

株価の上昇、下落とドル円の関係

日経平均株価が下がれば円高に! 株価が上がれば円安に!

為替の変動と株価は切っても切れない関係にあります。日本の株式マーケットを見たとき、日本の投資家よりも海外に居住する外国人の投資家による資金の流入が多いとされています。しかし、外貨で日本の株を購入することはできません。結局、外国の投資家たちは自国の通貨を売って、日本の株を買うことになります。ただ、単純にこのようなステップを踏んで日本株を買うと、為替の変動にも大きな影響が出てきます。そこで円売りや円買いをあらかじめ仕掛けておき、為替のリスクを軽減させます。
日経平均株価が下落すると、投資家たちによって円買いが進みます。市場には円が買われて流通量が少なくなるため、円の価値が上がって円高に向かいます。逆に日経株価が上昇すると、円売りが進みます。市場には円が多く流通するようになるため、円の価値が下がって円安に向かいます。円安に向かうようになります。
一言でいえば、株価の上昇→円安、株価の下落→円高といった相関関係が成り立つということになります。以下のサイトに日経株価と円の関連性を描いたチャートが載っているので参照ください。ドル円と株価の上昇関係と把握しておくことは株の取引きをするうえでも基本中の基本といえます。
日本株とドル円相場の連動性 FX初心者の外為入門

円安の時に注目したい銘柄は?

円安の時は輸出の強い企業に注目!

円安が進んでいるときは輸出関連の企業の利益が上がることになります。たとえば1台2万5,000ドルの車があったとします。1ドル=120円の時は300万円の売上になります。ところが円安になって1ドル=125円の時は312万5,000円の売上に。つまり5円円安になっただけで、その車を1台売るごとに12万5,000円も売上がアップするというわけですつまり。円安は輸出企業において大きなメリットがあることになります。
さて、日本において輸出の強い企業といえば、どのような業種が多いでしょうか? 一般的にグローバルな企業が円安に強いともいえます。注目のトップ3を過去のデータから並べてみました。
1 輸送用機器・・・「トヨタ自動車」「日産自動車」「本田技研工業「富士重工」「日野自動車」など自動車メーカーをはじめとした自動車関連の銘柄です。
2 電気機器・・・「日立製作所」[村田製作所」「キャノン」「安川電機」など
3 精密機器・・・「シチズン」「カシオ計算機」「富士フィルム」「コニタミノルタ」など
注目推奨株31銘柄 円安メリット,自動車,精密機器,相続税対策,不動産 : 千日ブログ ~雑学とニュース~

円高の時に注目したい銘柄は?

円高の時は内需関連のディフェンシブ関連の業種が強い!

アベノミクスで円安が進み、輸出関連の銘柄の株価が上昇したため、これまでは輸出に強い業種に注目が集まっていました。しかし、世の中の経済はある程度のスパンで動いていきます。ずっと円安状態が続くわけではありません。2016年に入りやや円高傾向にもあります。ですから円高時はどこの銘柄がお得なのか見極めておくことも大切です。
円高が進んでいるときは輸入関連の株が強い?と思いますよね。輸出企業が円安のメリットが多いことを考えれば、その逆であることは想像に難くありませんが、それだけではないです。一般的に円高メリットが多いのは電力、ガスなどのエネルギー関連、鉄道、製薬、バイオ、食品、日用品などのディフェンシブ銘柄です。いわゆる生活必需品と呼ばれるものが挙げられます。
注目のトップ3を過去のデータから並べてみました。
1 電力、ガス、石油・・・東京電力、関西電力、東京ガス、JXホールディングス、出光、昭和シェルなど
2 製薬・・・ツムラのほか、沢井製薬、東和薬品、日医工などのジェネリック医薬品株
3 食品、衣類、家具などの小売り・・・ファーストリテイリング、ニトリ、キューピー、マルハニチロ
【爆騰銘柄を追う!】円高局面では、円高に敏感で好反応する銘柄が狙い目!WEB YEN SPA!

金利と為替の関係性

円安になると金利は上昇する!

金利は為替の動きとも連動しています。円安、ドル高になればドルで預金をしたほうがメリットが多いわけです。たとえば1ドル=115円の時に1000ドルの金融商品を買うとなれば11万5,000円です。3円円安になり1ドル=118円になったとき1000ドルの金融商品の価格は11万8,000円になるので、円で買えば3,000円高くなり、逆にドルで買ったほうが安いというわけです。
円安になれば円建ての預金を解約したり、金融商品を売却する人が増えてきます。その結果、円の資金供給が減るので円の金利は上がります。
さらにアメリカの景気との関連を見てみましょう。前の章「円安の時に注目したい銘柄は?」で紹介したように、円安になると輸出関連の銘柄が恩恵を受けることになります。逆に円安は輸入商品が高くなるため、物の価値が上がり物価は上昇。金利も上昇するという流れが生まれます。金利が上昇していけば円の魅力が上がってくるので、いずれ円高、ドル安に向かうことに。下記のサイトに米国の景気と日本への影響を示した図が解説されているので目を通してみましょう。経済は血液のように巡っていることがわかります。
プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
金利と為替の関係を図解でスッキリ理解する ITメディア エンタープライズ

格差社会を生き抜くには、資産運用は必須

10年後すらわからない、競争力の下がってきた日本社会。今だからこそ【個で稼ぐこと】が重要ではないでしょうか。
その上で固定資産を持ち、何に使っているかわからない税金を納めるよりかは、自分で資産運用することの方がメリットが大きいのは明白。それは実際に行っていくのが一番身につきます。

その中でも最も運用効果が大きいのがFXと言われてます。口座登録が多くあり、取引も多いような安定した大きい証券会社で、少額から始めてコツをつかんだら大きく運用すれば、リスクヘッジになります。
おすすめはFX口座数国内1位、2015年FX取引高世界2位を誇る「DMM.com証券」 です。

サービスも「FX業界最狭水準のスプレッド」「全20通貨ペア」「アプリで楽々トレード」「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」 「時事通信社のニュース配信」と充実。
格差社会を生き抜くためには、まず第一歩を踏み出す事が肝心です。

関連記事

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】米連邦準備理事会(FRB)の政策金利や議長の発言

米国の金利政策が為替相場にも大きな影響をもたらす!!為替は景気動向や金利差、原油価格、地政学的なリス・・・

記事を読む

2word003

【株式取引の季節要因】売り圧力がある2月

「節分天井彼岸底」というけど実際は?「節分時期に相場は高値をつけ、お彼岸頃に底値をつける」といった傾・・・

記事を読む

tanabata005

【株式取引の季節要因】閑散相場といわれる7月

7月は株価も夏場で気味になりやすい!?日米の企業は6月から7月初旬にかけて、大手を中心とした企業の中・・・

記事を読む

tsuyu003

【株式取引の季節要因】動きが少ない6月

6月から安値が付き始めるは本当?6月は株価にこれといった影響力を与える要因がなさそうに思えます。とこ・・・

記事を読む

christmas038

【株式取引の季節要因】年末の株高に向けて動いていく12月

ようやく高値をつける時期を迎える12月!夏から秋を経て軟調だった株式市場も、ようやく長いトンネルを抜・・・

記事を読む

hanabi002

【株式取引の季節要因】お盆が影響する8月

8月の夏枯れ相場にどう立ち向かえばいい?7月に引き続き8月の株価も「夏枯れ」の閑散相場です。投資家が・・・

記事を読む

hinamatsuri003

【株式取引の季節要因】本決算の山場を迎える3月

3月決算の高配当利回りを本当に狙えるか?3月決算の銘柄を3月26日までに購入すると、期末配当を受け取・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】欧州中央銀行(ECB)の政策金利や総裁の発言

欧州の物価安定と経済支援を行う欧州中央銀行ECB(欧州中央銀行)の総裁の発言力もFRB(米連邦準備制・・・

記事を読む

no image

【経済を動かすイベント・経済指標】完全失業率と有効求人倍率で見る経済指標

完全失業率と有効求人倍率の微増で景気回復といえるのか?国の経済指標を知るうえで、完全失業率は景気の動・・・

記事を読む

市場

前場・後場・ザラバなど、相場や市場の用語を覚えよう!

株の取引き用語に慣れよう!「株取引」では「取引時間」に応じて「前場(ぜんば)とか「後場(ごば)」とい・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑